釣活始めました。

アラフォーにして釣りにハマり、オフショアジギング中心に、タイラバ、イカメタル、アジングもやります!最近ではスロージギングにも少しチャレンジ中!

オフショアジギング用ジグ[エバーグリーン カプリスエッジ]

先日のタチウオジギングで

高ヒット率が出たカプリス

物色しに釣具屋に行きました。

 

カプリスの自重は

100g、130g、180gの

3種類しかなくそれ以上重い

ジグであれば

カプリスエッジになります。

今持っているのがカプリス180gです。

 

3オンスロッドであれば、タックルバランスとして

180gぐらいがいいそうですが、

私のロッドは4オンスになるので今回は、

カプリスエッジを購入しました。

※最近いろいろ買い過ぎでヤバいです・・・(;'∀')

 

左から

エバーグリーン(EVERGREEN) カプリスエッジ 180g シルバーピンク CP01

エバーグリーン(EVERGREEN) カプリスエッジ250g CP08 アカキン.

エバーグリーン(EVERGREEN) カプリスエッジ320g CP12 ホログラムシルバー.

f:id:TypeB:20171206132558j:plain

 

カプリス(一番下)と比較

同じ180gでも長さが違いますね。

(下から2つが、自重180gです。)

一番上の320gは、20cmあるので

瀬戸内でのタチパターンでも使えるかなと

考えて購入してみました。

f:id:TypeB:20171206132651j:plain

 

自重180gを比較

カプリスの特徴であるでっかいアイが

カプリスエッジでは小さくなってますね。

気まぐれダートが少し抑制されそうです。

f:id:TypeB:20171206133940j:plain

 

厚みについては

カプリスのほうが短い分厚みがありますね。

f:id:TypeB:20171206133705j:plain

ジグの形も、カプリスエッジのほうが

若干シャープに作られてます。

f:id:TypeB:20171206133807j:plain

形を比較するとカプリスとカプリスエッジでは

結構違うのでしゃくり方、動き方がかなり違いそうです。 

 

前回の釣行でカプリスを使った際には

ロングジャークや1/4巻きでティップの反発で

ジグを跳ねさせるようなイメージをししゃくると

ズドン!とバイトが来ました。

 

カプリスエッジも基本は同じしゃくり方に

なるイメージでやってみてバイトなければ

しゃくり方を変えていくしかないですね。

大まかには、エバーグリーンHPに

カプリスエッジの動かし方が記載されました。

 

ジグにあった長さのアシストフックを

自作し、イメージしたしゃくり方で

寒ブリがヒットすると

最高に気持ちいいでしょうねぇ~(゚∀゚)

 

---更新記事--------

www.typeb.work

www.typeb.work

www.typeb.work

スポンサーリンク