釣活始めました。

アラフォーにして釣りにハマり、オフショアジギング中心に、タイラバ、イカメタル、アジングもやります!最近ではスロージギングにも少しチャレンジ中!

自作アシストフックの実釣後・コスパについて[オフショアジギング用]

年明けの釣行から

釣りに行けてなく・・・

ストレス溜まり気味です<(`^´)>

 

昨年末からジギング用

アシストフックを自作し始め

以前、記事で紹介していたのは

カプリス向けのアシストフックだが

その後も何パターンか作成してます。

自作アシストフックパターン

ラインの長さ、フックの大きさを

組合わせて、現在4パターン作成し

それぞれ数組作成済み(゚∀゚)

 

写真左から

ライン:08cm フック:5/0

ライン:10cm フック:5/0

ライン:10cm フック:6/0

ライン:13cm フック:6/0

※ラインの長さは、全長表記です。

f:id:TypeB:20180112115511j:plain

 

年末年始の釣行で使用し

ハマチ、メジロ、ブリと

釣り上げ強度的にも問題なし!

(すっぽ抜けしないか心配でしたが・・・)

 

釣行後少し気になる点が発生( ゚Д゚)

自作フックだからというわけではないが

実釣後、結構ボロボロになっているのが気になるなぁ〜

メジロ、ブリを釣った後のフック

ラインがねじれて、フックがそろわなくなっている。

f:id:TypeB:20180112120131j:plain

ハマチを数釣りした後のフック

ハマチクラスは釣り上げるときに暴れるからか

ラインがボロボロになっていて、少しねじれている。

f:id:TypeB:20180112120152j:plain

まぁ~市販のフックでも実釣後は

ボロボロになっているので、解体して

再作成すればいいのだが

何か対策をしたいような気がする。

アシストフック強化対策案

青物は習性上ジグの頭側からバイトしてくるそうで

その時にフロントフックを吸い込ませることが

重要だそうだ。

私が作成しているアシストフックは、

針が大きく重いので吸い込む力が強い大物を

ターゲットにしている。

あと針が重いほうが、ジグのスライド力が強く

なるのではないかと思っている。

(フォール中フックの重さでジグが引っ張られるから)

吸い込み力が強い青物を想定しているので

アシストラインに少々ハリがあっても問題は

ないかもしれないと考えるので、

試作で100均マニュキアでコーティングした

アシストフックを作ってみようかと思う。

自作フックのコスパについて

よく自作フックはコスパがいいような

記事を見かけるが、フックが大きいと

既製品と比べて格段に安いかというと

そうでもない気がする。

感覚的には1割~2割程度安くなる感じ。

大きいフックがそれなりに高いですな('Д')

 

自作のメリットは自分が使用するジグに

合わせてラインの長さを調節出来る為

自己満足したうえで釣りを楽しめるって

ところですかね。

トータル的に考えると、アシストフック自作は

おススメだと思いますぅ(゚∀゚)

釣りに行けないときは、粛々と

アシストフックを自作して楽しめますし ('ω')ノ

 

次は、ロングジグ用に7/0フックの1本針を

作ってみようかなぁ~

 

---関連記事---------------- 

www.typeb.work

www.typeb.work

www.typeb.work

スポンサーリンク