釣活始めました。

アラフォーにして釣りにハマり、オフショアジギング中心に、タイラバ、イカメタル、アジングもやります!今の目標は1m超、10kg超を釣ることです!

[シマノ オシアジガーインフィニティ]スロージギングタックル買っちゃいました②

昨夜のサッカー日本 vs ブラジル戦

負けちゃいましたが

後半面白かったですね('ω')ノ

 

さて、オシアジガー(リール)購入の続きです。

ロッドも一緒に購入しました!

初スロー系ロッドです。

 

こちらも中途半端なのものを

購入するとゆくゆくは

欲しくなるだろうということで

かなり無理して買っちゃいました。

 

シマノ

OCEA JIGGER∞

B634

f:id:TypeB:20171104163152j:plain

B634か、 B653のどちらにするか

迷いましたがメインフィールドを日本海と

して考えたので適合ジグウェイトがMAX300gの

B634に決めました。

 

私が持っているジギングロッドで

スロー対応(?)している

グラップラーB634と比較してみました。

 

Maker Product Model Length
(m)
Weight
(g)
Carbon
content
(%)
Suitable
jig weight
(g)
Suitable
Line
SHIMANO OCEA JIGGER ∞ B634 1.91 140 90 ~300 PE3.0
SHIMANO GRAPPLER B634 1.91 130 90.5 90~200(300) PE4.0

 

スペック数値だけ見ると大差がないんですよね~

シマノHPでは、

どちらもハイパワーXという技術特性が

利用されていますが、オシアジガー∞には

スパイラルXという技術が使用されているようです。

スパイラルX PV 伊豫部健編 | 2017年度製品プロモーション | SHIMANO TV

 

f:id:TypeB:20171104163415j:plain

シマノ ロッド オシアジガー インフィニティ B634

シマノ ロッド オシアジガー インフィニティ B634

 

 

釣具屋店長によると

スロージギングのロッドは高弾性カーボンを

使用しロッド自身の反発力が強いそうで、

その為、材料費が高くロッド価格が高くなるとのこと。

 

グリップ

握った感じもオシアジガー∞のほうが

太いです。

スロー系ロッド感がありますね~

f:id:TypeB:20171104163502j:plain

 

バット~ベリー

若干オシアジガー∞がやはり細いです。

グラップラーはスロー対応ですが

基本はジギングロッドなので。

f:id:TypeB:20171104163551j:plain

 

ティップ

ティップもオシアジガー∞のほうが

若干細いですね〜

これで、大物を釣り上げられるから

凄いですね(-。-;

f:id:TypeB:20171104163622j:plain

 

実際に持った感覚では

ロッド全体にオシアジガー∞のほうが

粘りのあるような感じがします。

まぁ~実釣しないと粘り感など凄さは

わからないですね('Д')

 

タックルを組んでみるとこんな感じ!

シマノ リール 17 オシアジガー 2001NR-HG (左)

シマノ ロッド オシアジガー インフィニティ B634

f:id:TypeB:20171105145847j:plain

んん~~いい感じです(゚∀゚) 

早く入魂したい~

 

---更新記事-------

www.typeb.work

www.typeb.work

www.typeb.work

スポンサーリンク