釣活始めました。

このようなブログ読んで頂きありがとうございます。アラフォーにして釣りにハマり旨い魚を求めてジギング、イカメタル、タイラバ、アジングなどやってます。いちから始めた本格的なルーア海釣りで自分が知りたかった情報や実際やってみないとわからない情報などをブログに書き留めていければいいなぁ~と思ってます。自分の備忘録、日記的な部分もありますのでやんわりと読んで頂けるとありがたいです(゚∀゚)

成功!!対鰤用シングルアシストフック自作![復活KOMOニードル]

寒波ですねぇ~(゚Д゚;)

寒いので家にこもり釣具をメンテしつつ

前回、KOMOニードルを壊してしまい

失敗に終わったシングルアシストフック

自作に再チャレンジしました(^-^;

準備品

失敗の原因となったアシストラインですが

中芯が太めのラインを購入!

1.シャウト アシストPEライン

アシストライン

芯もPEラインを編み込んだものが使われており

フロロ芯よりも太くなってます。

あとは前回同様なので写真は一部割愛します(^-^

2.OWNER シングルフック ジガーライト 早掛 7/0号

3.OWNER 熱収縮チューブ赤 5

4.KOMOニードル(ノーマル&HD)

2本になって復活しました(*'▽')

ノーマルとハードタイプです!

復活KOMOニードル

5.せき糸&ボビン

6.瞬間接着剤

自作工程(成功編)

最初にアシストラインを切ります!

(作りたい長さの2倍の長さで切ります)

んで、中にある芯(PE)を抜き取ります。

今回は200lbのラインで自作してます!

アシストライン切る

芯の太さが全然違う…(゚Д゚;)

KOMOニードル(ノーマル)を差し込むと

スルスルと入っていきます( ゚Д゚)

やっぱライン間違えてたんや…

スムーズに入ってく!

するりとニードルの先っちょも出てきて

スプリットリング入れて、ラインを挟み込み

引き抜いていきます(^-^;

全く固くない!

最初少し力いりますがそのあとは

スルスルと・・・簡単に引っこ抜けました(゚Д゚;)

整形して…

ラインをしごいて形を整えるとラインは完成です!

ここからはいつもの作り方でラインに熱収縮チューブを

通しておいて、フックを刺し込みます!

セキ糸を巻いていき、瞬間接着剤を垂らします。

セキ糸巻いて

少し接着剤が乾くのを待ってからチューブをかぶせて

ライターでサッとあぶれば収縮完了!!

チューブつけて

今回、熱収縮チューブ5㎜を使いましたが

3㎜でもいけるかも(^-^;

出来上がり!

売られているアシストフックと比べてみると…

どうかなぁ?

約30㎝のロングジグに取り付ける予定なので

長さはある程度いい感じですね~

フックは、やっぱカン付きのほうがいいのかな??

 

強度は実釣で確認するとして、ひとまず苦戦してた

アシストラインの加工は成功です(*'▽')

アシストラインもいろいろあるので

ちゃんと考えて使わないとダメですね~

シャウト! 89-AP アシストPEライン 120Lb

シャウト! 89-AP アシストPEライン 120Lb

 
OWNER(オーナー) シングルフック JF-22 ジガーライト 早掛 7/0号 11760

OWNER(オーナー) シングルフック JF-22 ジガーライト 早掛 7/0号 11760

 

---関連記事------

www.typeb.work

www.typeb.work

スポンサーリンク